遠野高等職業訓練校 - 仕事をする人、仕事をしたい人を応援します -

一般講習
2017年08月03日

11月13日開講!介護職対象倫理教育研修、認知症ケア実践研修を開催します。

⇒詳しくはリーフレットをご覧ください。介護短期リーフ
⇒申込書はこちらからダウンロードください。全コース共通受講申込書

利用者にとって魅力あるサービスを生み出すのは、利用者を支援する職員一人ひとりです。働く一人一人の職場満足度が下がることは、職員一人一人の仕事に対する前向きな意欲が失われ、しいては介護事故、介護過誤など、深刻な事態につながる可能性も。こういったトラブルを多く経験すると、自信喪失から離職が早まる可能性もあります。

介護の仕事は専門職。自信をもって仕事をするためには一人一人の「成長」を支える3つのサポートが必要です。
◆専門技能・技術の成長(新人であれば介護技能・技術、指導担当であれば指導技能・技術)
◆自分の仕事の質を高めるマインドの成長(倫理観)
◆チームで働く力を高めるコミュニケーション能力の成長や対人行動(マナー)の成長

今回開催する研修は、この3つの成長を介護者のレベルに合わせ支援する研修ですが、特にも倫理観は、介護者のとらえ方や理解度でサービスの差につながります。また、認知症ケアは、知識が無いことで、未熟な介助者の感情に影響し、虐待までいかないまでも差別対応につながりやすくなります。
介助者の心に立ち返る研修2コース、ぜひご参加ください。

◎介護職に必要な職業倫理教育研修
改めて、介護職に求められる職業倫理の理解と、なぜ倫理が必要かの理解を深め、一人一人のケアサービスに生かす実践研修です。

日時:11月13日(月)~14日(火)9:00~17:00 計2日(16時間)
講師:ケア・グラント株式会社 代表取締役 唯是光裕氏
生活介護研究所テクニカルアドバイザー 介護コンサルタント 高橋衣吹氏
定員:20名
会員:8,640円 一般:14,040円(消費税・テキスト代込)

◎現場で生かせる認知症の知識とケア実践研修
認知症の正しい理解と認知症周辺症状(BPSD)に関連する高齢者虐待との関係性の理解、および介助者の感情コントロール方法について理解し、一人一人のケアサービスに生かす実践研修です。

日時:1211日(月)~12日(火)9:00~17:00 計2日(16時間)
講師:生活介護研究所テクニカルアドバイザー 介護コンサルタント 高橋衣吹氏
定員:10名
会員:8,640円 一般:14,040円(消費税・テキスト代込)

この研修に関する詳しいお問い合わせは0198-62-6310 担当 川原 鈴木までお問い合わせください。

ページの先頭へ