遠野高等職業訓練校 - 仕事をする人、仕事をしたい人を応援します -

一般講習
2020年03月16日

5月開講!事務担当者や一人親方も対象とした「労務事務担当者研修」

1人でも雇ったら、「え?知らなかった」が命とり!あなたがやっている事務処理は違法かも!?
労働基準法のプロである社会保険労務士に学ぶ
事務担当者に必須の労働法の理解と事務必須ルール&コンプライアンス対策研修

詳しくはこちらのリーフレットをご覧ください。⇒労務事務担当者研修
※申込書はこちらからダウンロードください。⇒受講申込書

研修日程
5月19日(火)・5月26日(火)
※9:00〜17:00となります。

会場:遠野高等職業訓練校

対象
・総務・労務の事務担当者
・給与計算担当者等

受講料
会 員⇒1名8,800円
会員外⇒1名14.300円
※受講料には税・テキスト代が含まれます。
※同時入会で会員価格が適用されます(入会費2,000円・年会費20,000円)

講師:菅原 かおり 氏
かおり社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士
奥州市在住。「なんでも相談できる社会保険労務士」を目指し、丁寧かつ迅速に企業をサポートしている。雇用主と従業員との間の問題発生を防ぐための就業規則の作成、雇用や賃金、退職金に関する相談、助成金などのアドバイスを行っている。“ヒト”に関わる問題を請負い、企業の経営の安定と発展を応援している。

タイムカードは何年保管が必須?22:00以降の時間外手当は×1.25?×1.35?休みに出勤してもらったが、振替休日でいいの?給料で支払わなければ違法なの?労働基準法に基づいて適正な業務処理をするためには、知識が必要です!
<カリキュラム>
1.労働基準法とは
2.入退社時のポイント
①届出等の必須事務処理
②注意点など
3.労働時間に関するポイントと必須事務処理
①勤怠管理と法的に守らなければならない
必須事務・帳票管理
②時間外・休日割増と給与計算の関連
③36協定の理解と振替・代休のルール
④年次有給休暇取得義務に関連する必須事務
4.休職に関するポイント
①休職制度についての理解と必須事務
5.服務規程に関するポイント
①罰則規定と必須事務
②ハラスメント
6.懲戒・解雇に関するポイント
①懲戒処分の種類の理解
②必須事務
7.社会保険・労働保険とは
①社会保険・労働保険のしくみと事務
②労災保険制度のしくみと事務
③雇用保険制度のしくみと事務
④年金保険制度のしくみと事務
⑤健康保険制度のしくみと事務

お申し込みについてなど、遠野職業訓練協会へお問い合わせください。
詳しくは0198-62-6310 担当 川原まで。

ページの先頭へ